エントリー

オーストラリアのKeyoについて、

  • 2021/04/02 13:54

20210326173721.jpg

~STORY~

1957年、後のKeyo創業者で若きデニー・キーオは自宅ガレージにてサーフボードを作り始めました。

そして1959年Keyosurfboardsの生産工場とサーフショップを

”19Sydenham road,Brookvale”にオープンしました。シド二ーのノーザンビーチにあるこのエリアは、すぐにオーストラリアのサーフボードインダストリーの中心地となりました。(現在シドニーから発信されるフォームなど原材料の主要ブランドであるバリー・ベネット、ゴードン・ウッド、スコット・ディロンなどのルーツは全てKEYOサーフボードにある。)

20210326173720.jpg

それから、1963年のマカハインターナショナル優勝者、ミゼット・ファレリーはサーフボードシェイパーの仕事の手伝いを始めました。そして実際にデニーがシェイプしたボードに乗ってミゼットは1964年にシドニーのマンリービーチで開催された世界サーフィン選手権にて初優勝を収めました。

20210402155801.jpg20210402155802.jpg

Bob Mctabish (ボブ・マクタビッシュ)は1967年にKeyoに入社し、V字型のボトム形状、

V Bottomモデルを作りました。これはオーストラリアのショートボードエボリューションの始まりと皆に認知され。マクタビッシュがデザインした「Keyoプラスチックマシン V Bottomモデル」は瞬く間に週70本が生産されるという爆発的なヒットを生み出しました。

20210326173722.jpg

1968年に Nat Young(ナット・ヤング60年代世界チャンピオン)がKeyoに参加し、彼の知名度の高さでトラッカーという人気モデルを生み出しました。

ちなみにKeyoのもとで働く他の有名なシェイパーは、KevinPlatt、Neil Purchase,Geoff McCoy,Col smith,Phil Cooper,Mickey Macなどがいます。

1972年デニーはホビーキャットフランチャイズを買収し、カタマラン(双胴船)の製造を開始しました。

20210402160036.jpg

そして1998年、ダニーの娘、ベネッサーと結婚したシドニー・ノーザンビーチーズの名サーファー、ジョン・ギルは、このオーストラリア名ブランド”KEYO”を正式に襲名しました。

現在ジョンは幅広いKeyosurfboardsファンから指示されており、再び注目を集めています。

ファンの中にはあの、ジョエルチューダーも。。。

長くなってしまいましたが、さらに長くなってしまうので短縮させていただきました✩

気になった方はどうぞお気軽にスタッフまで♪

ページ移動

ユーティリティ

2021年05月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク


湘南・鵠沼サーフィンスクール
T-STICKサーフショップ
(C)T-STICK All Rights Reserved.

湘南・鵠沼サーフィンスクール
T-STICKサーフショップ
(C)T-STICK All Rights Reserved.

湘南・鵠沼サーフィンスクール
T-STICKサーフショップ
(C)T-STICK All Rights Reserved.